アラン「幸福論」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

想像する不幸は、

いつも実際より誇張されている。

したがって、最大の不幸とは

物事を悪く考えることである。

 

想像力というのは、人間だけが持つ特権のようなものだ。

私たちは想像力を働かせるから、

動物とは違った充実した生き方ができる。

だが、使い方を誤ると、これが大きな災いをもたらす。

たとえば不安、心配、恐怖などの感情は、

想像力によって起きてくる。

 

愛妻が外出して帰りが遅い。

「なにかあったんじゃないか」夫は悪い想像を始める。

「事故に遭ったんじゃないか」

「電話くらいよこせばいいのに」

「昔の恋人にばったり出会って」・・・

だんだんエスカレートしてくる。

そんな想像と小一時間もつきあっていたら、

不安、心配、恐怖の感情を、たっぷり味わって、

とてつもなく不機嫌になってしまうだろう。

「ただいま」と、何ごともなく

元気に帰宅した奥さんの脳天気な声を聞くと、

「いままで、どこをほっつき歩いていたんだ!」と

怒鳴りつけることにもなる。

 

何の根拠もないのに、自分で勝手に盛り上がり、

現実に起きたのと変わらぬ反応をしてしまうのが

想像というものの怖さである。

もちろん、よい想像もあるから、

一概に想像を否定することはできないが、

アランはどちらかといえば、想像を否定的に見ている。

人は、悪い想像をすることのほうが得意だからだ。

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

ビジネスに役立つ「論語」より

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

礼の用は和を貴(たっと)しと為す

 

礼儀に込められた

思いやりの心を大切に

 

どんな社会にも、礼儀やマナー、

習慣といったものが存在します。

しかし「ルール」にがんじがらめになると、

窮屈に感じてしまう

ことがあるかもしれません。

そんな時は、

ルールが生まれてきた背景について

ちょっと考えてみてはどうでしょうか。

 

たとえば礼儀は、人に対して敬意を払い、

それを示すことによって、

良い関係をつくるためのものです。

「行動の型」として

礼儀が大切なのではなく、

その背景にある「気持ち」が大切なのです。

 

礼儀を通じて、

その気持ちをしっかりと表わすことが、

人間関係を円滑なものにしてくれるのです。

 

沖縄は今春真っ盛りです。

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

名将の言葉

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

天の与うるを取らざれば

かえってその災いを受くる

ー井伊直政ー

 

チャンスを行かして行動できれば、

必ず良い変化が生まれ、

自分を成長させられます。

 

しかし、チャンスの時に、

臆病な心や怠惰から

そのチャンスをつかまなければ、

その時にしか得られないものを

失ってしまいます。

 

失ったものを取り返すには、

本来なら必要のない努力をして、

長い時間待たなくてはなりません。

 

わずかな人生で

これほどのマイナスはありません。

チャンスをつかまなければ、

ピンチに陥ってしまうのです。

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

アルフレッド・アドラー「100の言葉」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

子供は「感情」でしか大人を支配できない。

大人になってからも

感情を使って人を動かそうとするのは

幼稚である。

 

生まれたばかりの赤ん坊は言葉を話すことができません。

「おっぱいが欲しい」「おしめが濡れて気持ちが悪い」

「寂しいから抱っこしてほしい」。

それを伝える唯一の方法は「泣く」という

感情表現だけなのです。

ですから、赤ん坊は「泣く」という感情表現を通じて

あらゆる望みを手に入れます。

そして、それを繰り返すうちに、「感情を使用する」ことで

必要なものを手に入れることができる、と「学習」するのです。

 

子供は1歳に満たないうちから性格形成を始めます。

つまり、言葉を話す前から性格ができ始める。

「泣いたり怒ったりすることを通じて、

すべてを手に入れられる」。

赤ん坊の頃からそれを「学習」した子供は、

その成功パターンを「性格」として刻みつけます。

そして、子供時代も、さらには大人になってからも、

その「性格」を使い続けるのです。

もしも、あなたの周囲に感情的な人、すなわち、

感情を頻繁に利用する人がいるとしたら、

その人は子供時代の成功パターンを繰り返し

利用しているのかもしれません。怒りで周囲を動かそう。

涙で相手を思い通り動かそう。そうしているのです。

しかし、感情だけがものごとを達成する唯一の方法では

ありません。にもかかわらず、大人になってからも、

感情表現で人を動かそうとする人は、

内面的に幼稚なままだ、といえるでしょう。

 

隣の庭の桜の木に止まっているメジロです

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

「沖縄ことわざの窓」より

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

たーぬ みじや あるうちに くみ

※田んぼの水はあるうちに汲め

 

「日が照るうちに干し草をつくれ」。

または

「今日できることは今日のうちに為せ」

というのと似ている。

 

田んぼの水は今すぐ満たす必要はなくても

満たしておけ。

いざ必要というときになって

引く水がない場合だってある。

というのがこのことわざの意味である。

 

毎年日照りがやってきて

水不足に悩まされた島の人々の

生活から生まれた教訓である。

水がなければ稲は育たない。

米が不作となると、

それこをおそろしい餓死が待っている。

だから水田に水が満ちて

稲が青々としている風景が

ユガフー(豊年)のイメージである。

沖縄の稲は二期作のため、年に二回の収穫をします。(金武町)

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

「人生はにゃんとかなる!」より

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

身を削る覚悟

ポーランドの科学者・生物学者

マリ・キュリー

 

マリ・キュリーは、まさに研究に

「身を捧げた」人でした。

40年の研究生活で彼女が生涯にあびた

放射線量は200シーベルト。

これは通常の生活の6億倍です。

 

8年に及んだラジウム抽出実験で

手や指に放射線でひどい火傷を負い、

特に右手の指はの火傷はひどく、

ペンを持つこともできませんでした。

その激痛をやわらげるために、

四六時中親指と他の指をこすりあわせ、

ラジウムの分離に成功してロンドンの

科学学会のレセプションに招かれたときも、

手や指先が痛くてドレスを

自分で着ることができなかったといいます。

 

彼女ほど身を削った努力ができる人は

小数だと思いますが、偉大な仕事とは、

犠牲を払う覚悟と執念によって

成し遂げられるのです。

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

「人生はワンチャンス」より

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

手のひらサイズの幸せ

マーガレット・サッチャー(政治家)

 

イギリス初女性首相であり、

徹底した政策で経済を復興させた

マーガレット・サッチャーは、

不屈の信念の持ち主として

「鉄の女」と呼ばれました。

 

そんな彼女が首相として激務を送るころ、

役人を驚かせた話しがあります。

会議中に突然「デニス(夫)の朝食の

ベーコンを買い忘れたわ」と叫び、

代わりに買いに行こうとする秘書を

「あなたではデニスの好みがわからない」と制して

国の予算書を手にしたまま買いに走ったのです。

 

彼女は家に帰れば子どもに必ず手作りの

デザートを食べさせてあげ、

フォークランド紛争ので

250人の兵士が犠牲になったときは、

遺族に向けて一通一通謝罪と慰めの手紙を書きました。

彼女は身近にある幸せを大事にできた人だからこそ、

政治家として国民を幸せに導けたのかもしれません。

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

アラン「幸福論」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

過去と未来が存在するのは、

それを考えるときだけである。

考えなければ過去も未来も存在しない。

自分で自分を苦しめているすべての人に、

私はいいたい。

「いまのことだけを考えなさい」

 

年金の心配をするのは、

未来を心配することにほかならない。

認知症の心配をよくするのも、

寝たきりの自分を心配するのも同じ。

しかし、出来事というのは、

よくも悪くも期待通りにはいかないものだ。

未来を心配するというのは、

まだ、どう転ぶかわからないことを、

悪く受け取って気をもんでいるにすぎない。

初めから負けを想定して試合に臨むようなもの。

そんなバカげたことは、やめたほうがいい。

 

過去はどうか。過去について考えるとき、

いちばんいいのは

「たべてしまった飯のようなもの」(森鴎外)

と思うことだ。

うまかったにしろ、まずかったにしろ、

どちらにしても後の祭り。

ああだこうだといっても、どうなるものでもない。

にもかかわらず、私たちは、過去がどうだったとか、

未来が心配だとか、いろいろ考える。

そのせいで、

肝心の現在を台無しにしていることに気づくべきだ。

現在を少しでもよくなるようにすることが、

過去を思い出深いものに、

さらに将来を明るい希望に満ちたものにする。

生きている舞台は、現在にしかない。

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

名将の言葉

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

大事の儀は、人に談合せず、

一心に究(きわめ)めたるが善(ごと)

伊達政宗

 

本当に大事なことは、

人にあれこれと相談するよりも、

自分で熟慮に熟慮を重ねて

決断するのがよいでしょう。

 

人生を左右する悩みに対する答えは、

必ず自分の心の奥底に隠されています。

 

助言を求めても、

思う答えが返ってこなければ、

反発するか消沈するかのどちらかです。

 

また人の賛成がないと

行動に移せないようなら、

もとから成功の可能性は

少ないともいえるでしょう。

 

人生は結局自分自身で真剣に

考えながら決めることなのです。

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

アルフレッド・アドラー「100の言葉」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

「まだ無理だ」と思っても、やらせてみる。

失敗しても「今度はうまくできるはず」と

声をかけることが大切なのだ。

 

親がジュースをグラスに注いでいるのを見て、

子供が自分でやりたがったとしましょう。

大抵の親は「まだ無理でしょ。こぼすから私が注いであげる。

他のことを手伝って」と言うのではないでしょうか。

それこそが勇気くじきなのです。

この言葉により、子供は自分が無能であることを

植え付けられるでしょう。

そして、ジュースを注ぐという新しいチャレンジ、

すなわち勇気をくじかれるのです。

 

ジュースがこぼれてもいいではありませんか。

子供が自信を失う方が

はるかに取り返しがつかないことだとは思いませんか?

こぼしてもいい。やらせるのです。

そして、こぼれたジュースを拭き取るのです。

しかし、失敗してしまった子供は失敗に直面し、

新たな励ましを求めるでしょう。

そんな時はこう言ってやればいいのです。

「もう一度やってごらん。今度はきっとうまくできるよ」。

これが勇気づけなのです。

 

家族における親や、企業組織における管理者は、

自分が発する言葉が相手に自信をつけさせるのか、

自信を失わせるのか、すなわち、勇気づけになるのか、

勇気くじきになるのかを常に考えておかなければなりません。

失敗を避けるために発した言葉が

勇気くじきになってしまうくらいならば、

失敗させる(ジュースをこぼさせる)ことも

視野に入れなければなりません。

そうでなければ、勇気づけはできないでしょう。

 

沖縄は今、秋桜の花が真っ盛りです。(金武町にて)↑

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM