中村天風「打たれ強く生きる100の言葉」より

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

運命は、自分でコントロールできる

 

仕事や人生でちょっとつまずいたくらいなのに、

「これが運命だったんだ。どうしようもないよ」

とすぐにあきらめてしまう人がいます。

天風に言わせれば、「そんな簡単に運命のせいにするな」

「運命だと片づけてはいかんよ」ということになります。

天風は、「運命というものには二種類ある。

どうにも仕様のない運命を天命といい、

人間の力で打ち開くことの出来るものを宿命というのである」

と分類しました。

 

まず、天命ですが「天命なんてものは、極めて僅かしかない」

と天風は言い切ります。

裏を返すと、人生における大半が宿命だということです。

宿命とは、

人間の力で打ち開いていくことができる運命ですから、

人は運命に負けることはなく、

運命を乗り越えていけるということにほかなりません。

では、どうすれば、運命を乗り越え、

打ち開いていけるのでしょうか。

・・・運命よりも、心の力がまさることです。

天風が教えている方法は、

\儷謀な人生態度 感謝と喜びの気持ちを持つことです。

この二つの心の力を発揮することで、

人は運命をコントロールすることができます。

消極的になると、運命はどんどんつけ入ってきます。

そうではなく、積極的な態度で、起ったことのすべてを喜び、

すべてを感謝することで、

よい運命へとコントロールするのです。

 

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

「世界の名言100」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

忙しくしているからといって、

本当に仕事をしているとはいえない。

すべての仕事の目的が実施され、

あるいは達成されるには、

忙しく汗をかくのと同じくらいに、

将来の見通し、システム、プランニング、

情報、正しい目的が必要なのだ。

ただ仕事しているように見えるだけでは、

何もしていないのと変わりないのである。

〜トーマス・エジソン(アメリカの発明家)〜

 

エジソンの有名な言葉

「天才とは1%の才能と99%の汗でつくられる」から、

ただ汗をかけばよいと誤解する人も多い。

ここでのエジソンの言葉をかみしめたいものである。

汗をかいて忙しくしている人でも仕事ができない人は多い。

仕事のできない人にも2種類いる。

一つのタイプは、見た目にもやる気がなく、

サボることばかり考えている人間である。

これはもう論外の”できない人”である。

 

もう一つのタイプは、ここでエジソンが注意しているように、

見た目には忙しく動いているが、

実は、その仕事の中味をよく問うと

ほとんど意味のないことをしている人である。

こういう人はけっこう多いのだが、こうした仕事に

自己満足してしまっているからやっかいな面がある。

仕事は何のためにするのか。それは、会社、組織の目指す目的、

目標を達成していくことである。

その成果を出さなければ、仕事をする意味がない。

人の成長も、こうした成果を出す仕事を遂行することで

初めて可能となるのだ。

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

日本人なら知っておきたい「名言100」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

自分を大事にして、

なおかついかに他者を尊重するか。

エゴを押し通すだけでは

生きてはいけません。

〜外尾悦郎〜

(サクラダ・ファミリア主任彫刻家)

 

結局、人生とは、自分を大事にすることと、

いかに他者を尊重していくか、

この二つの落ち着きどころに悩み、

配慮しながら日々を真剣に生きていくことに

つきるのではないだろうか。

その二つを誠実に考えて進めていかないと、

よいものは何も生まれない。

まず、自分を大事にしなければ、

何をやりたいのか、

何をやろうとするのかも見えてこない。

 

一方、自分の考えや生き方を

大事にすることばかりになると、人の協力、

助けは小さなものになってしまい、

大したこともできなくなるのである。

ガウディのサグラダ・ファミリアは、奇抜な発想、

デザインによる教会だが、何百年もかけて、

それこそ人々の助けを借りて創られている。

まさに、外尾悦郎氏の言葉を表現しているような

建築物である。

だから今も、世界中の人々が、

このサグラダ・ファミリアを観に行き、

昇って感銘を受けるのである。

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

アラン「幸福論」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

 

警察署長は、

もっとも幸福な人間の一人であろう。

なぜなら、たえず行動しているからだ。

それも、つねに変化する

予見不可能な状況の下で。

 

当時のフランスの警察署長は、

自ら捜査に走り回る存在だったのだろう。

それが、なぜ幸福なのか。

さしずめ現代の私たちだったら、スリリングな

活劇映画やドラマを見ているさまを思い浮かべればいい。

目先の現実がどうあれ、

ドラマに浸っているときの私たちは、

つかの間の楽しさを味わう。ワクワク感がある。

終われば我に返るが、警察署長は、ずっとそれが続く。

責任感を抜きにして考えれば、興味のつきない仕事なのだろう。

 

個人タクシーに乗ると、

似たような幸福を味わっている運転手に出会える。

彼らは見知らぬ乗客を次々に乗せ、

適当な会話を交わすことが、そのまま仕事になっている。

実際、個人タクシーの運転手さんから、

こんなことを聞かされることがよくある。

「孫が今年就職しましてね。女房と二人、

気楽な年金暮らしですが、ずっと家にいるのも退屈なもんで、

働けるうちは働くつもりですよ」

ふつうの退職者なら「どこへ行こうか」「何をしようか」

と悩むのに、喫茶店や碁会所で四方山話をするのと

同じレベルの楽しみを味わいながら、収入になるのだ。

ささやかだが、いつもすることがあるのは、

絶対に幸福といえる。

 

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

「ブッダの言葉」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

周りにいる人たちが

「うらみの声」をあげているときも、

自分だけは、誰もうらむことなく、

楽しい思いで心を満たしていなさい。

 

心理学の実験で、こんなものがありました。

ある俳優の新作映画を学生たちに観てもらい、

映画の感想文を書かせます。

次に、その映画について話し合ってもらいます。

このとき、学生の中に実験のサクラを紛れ込ませ、

主演俳優について散々悪口を言わせます。

まるで個人的なうらみがあるようなニュアンスで、

ののしり、けなします。

 

さて、この討論会が終わった後、

もう一度映画についての感想文を書かせると、

最初の感想文では俳優に好感を持っていた学生たちが、

討論後は、その俳優についての

悪い印象を書き込んだというのです。

人はそれくらい、

他人の感情や意見に影響を受けやすいものです。

「うらみ」「嫌悪」といったネガティブな感情は、

とくにそうです。他人の悪口を聞くと、

それまで何とも思っていなかった人でも、

同調して、「私もあの人は、嫌いだ」

などと言ってしまうことがあります。

しかし、賢者は噂話にも悪口にも惑わされません。

仮に、みんなが「あの人は、悪い人だ」と言っても、

自分がその人を親切な人だと思えば、

堂々と親交を深めます。

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

いい人生をつくる「世界のことば」より

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

どうにもならないことは、

忘れるのが幸福だ。

〜ドイツのことば〜

 

「日本人ではなく、西洋人に生まれたかった」

「女ではなく、男として生まれてきたかった」

「血液型がA型ではなく、

O型だったら良かったのになあ」

人間には、こういった、どんなに頑張っても

変えようのない宿命というものがあります。

いくら思い悩んでも、解決の糸口をつかむことはできません。

 

宿命というような、どうしようもできないことで

思い悩むのは時間のムダですし、バカらしいことなので、

初めから考えないほうが良いのです。

「忘れるのが幸福だ」というのはそういう意味です。

 

しかし、宿命と違って運命というものは、

その人の心構えや考え方次第で、

いくらでも変えていくことができます。

心構えや考え方が変われば、仕事や人づき合いでの

言動にも自ずと変化が生じるはずです。

そして周囲の反応にも変化が生じてくるでしょうし、

結果として生き方まで変わるようになります。

どうにもならない「宿命」を変えることを願うのではなく、

自分次第でどうにかなる「運命」を変えることに

力を注ぎたいものです。

 

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

渋沢栄一「100の言葉」より

今日の一言 comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

幸せとは本当の意味で

心にゆとりのあること

 

幸福とは、自分の才能や勉強だけで

得られると思うのは大きな誤解です。

まるで、この世の中心は自分であるかのように

他人の行動が勝手に見えて、

彼らの気持ちを感じる心のゆとりがない。

自分は自分のためだけに動くから、

自分の事を世話せずにほっていてもらって結構。

このような自分主義で生活を送っても、

訪れるのは本当の幸福ではなく、ただの孤独感になります。

 

また、現在の社会では、大人も若者も

細かいことに神経質になりすぎている傾向が見えます。

いちいち小さなことが気になってしまうことと、

おおらかで「ドン・マイ」な気持ちで過ごすことを比べた場合、

どちらが幸せな日々を暮らせるかは明らかです。

つまり、「鈍感なマインド」も大切なのです。

日本社会と比べると生活水準も低く、

治安も悪く心配することが多いはずの国で、

なぜ、人々の笑顔が自然体で明るいのでしょうか。

私たち日本人は、素晴らしく恵まれた国で暮らせているのに、

生活の幸せや本当の意味の「ゆとり」を

忘れてしまっているようです。

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

結の街セミナー「成功のリカバリーショット」

セミナー comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

お待たせしました。

去った7月8日に結の街セミナーを行いました。

 

テーマは「成功のリカバリーショット」です。

わかりやすい内容でお話していますので、

何かの参考になること請け合いです。

 

時間の許す限りできれば最後までご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

日本人なら知っておきたい「名言100」より

今日の学び comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

人生には、

順調なときも不調なときもある。

不調に襲われ、

大事な勝負に敗れて苦しんだことは数知れない。

そんなときでも、

敗因がわかれば過去はさっぱりと切り捨て、

新しい気持ちで立ち上がることを

モットーとしてきた。

〜大山康晴(将棋棋士)〜

 

誰でも不調なとき、スランプのときがある。

これを抜けるのは

一人ひとりに方法があるのかもしれないが、

大変なことであるのは共通している。

大事なことは、スランプだとわかったときは、

いたずらに自分を責めたり、

焦り過ぎたりしないことである。

そうでないと、スランプ、不調から立ち直れず、

そのまま挫折することにもなりかねない。

 

だめなとき、不調なときもあるさと、

きっぱり前を向いて、

今やれることをやればいいと思うことである。

例えば勝海舟は、幕末の動乱を何とか生き抜いた人で

10年単位という長さで物を考えた。

彼は次のように述べる。

「上がった相場も、いつかは下がるときがあるし、

下がった相場も、いつかは上がるときがあるものさ。

その上がり下がりの時間も10年はかからないよ。

それだから、自分の相場が下落したとみたら、

ぐっとかがんでおれば、しばらくすると、

また上がってくるものだ」

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

「沖縄ことわざの窓」より

沖縄の黄金言葉(くがにくとぅば) comments(0) - 仲宗根加代子

 

 

いちちぬ いーびや

いぬたきや ねーらん

※5本の指は同じ高さではない

 

ウフイービ(親指)は太く短い。

チュサシイービ(人差し指)はしゃんとしていて、

ナカイービ(中指)はいちばん長く、

ナラシイービ(薬指)は不器用である。

そしてイービングヮ−(小指)は小さくて短い。

 

「とぅーぬ いーびや いぬたきや ねーらん」

ともいうから、十人十色というのに当る。

5本の指が同じ長さでないように、

人間は5人、10人集まると、背丈だけでなく皆違う。

顔や、好み、気性、考え方もちがっている。

 

肯定的に解釈すると、それぞれの特性と能力、

個性のちがいを認めることになる。

が、反対する人や、不心得者がいるというふうに、

ときには否定的にとらえることもある。

 

 

 

 

ホームページができました

クリック→ 仲宗根加代子のホームページ

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仲宗根加代子・講演依頼はこちらへ 
メールアドレス:

nakasone7770@yahoo.co.jp

nakasone0926@gmail.com
《専門分野》
・自己啓発
・教育関係
・企業経営者や営業者向け研修およびセミナー
《講演内容》

セミナー動画(←クリック)


その他、ご希望に応じて講話致します。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM